受付から施術まで

施術内容

治療機器について

交通事故の治療

施術料金

骨盤矯正

猫背矯正

キャビテーション

クリオオイル

ブルブルマシーン

梅田院

院長紹介

西梅田院院長紹介

患者様の声

総院長元気日記

スタッフの元気日記

当院のブログ

メディア掲載

スタッフ募集

リンク

サイトマップ

電話番号

西梅田院院長紹介

西梅田院院長 南 義明

整骨院治療家を目指した理由

南院長

この業界に入った経緯は高校時代の野球部の部活動で、膝のケガをしたのがきっかけで治療家を目指しました!
その当時、整形外科の先生やトレーナーの方に診て頂いた事で体の話や心のケアをして頂き3年間現役で選手を続ける事ができました。
ケガをしてる間プレーできなかった期間の悔しさを治療とコミュニケーションで支えてもらい自分も同じ様な経験をしている人達の力になりたいと思い、高校卒業後スポーツトレーナーの学校へ進みました。
そこでは色々なスポーツのインストラクター等の資格を取得し、より深く体の事について学びたいと思い柔道整復師への道を決意し、大阪にある平成医療学園へ入学しました。
在学中、卒業後も整骨院、整形外科クリニックで色々な施術やリハビリを勉強させて頂き、特に整形外科のリハビリでは片麻痺やアキレス腱断裂、骨折後など様々な症例を診させて頂きました。
その経験を活かしてさらに治療家として成長したいとゆう思いから、スタッフ教育にも力を入れている飯田鍼灸整骨院への入社を決めました。

西梅田の整骨院への抱負

西梅田待合室

痛みの原因を様々な角度から考え教科書的な知識は半分、残りは患者様の訴えを親身に聞きその人一人一人に一番適切な施術で体、心共に健康になって頂きたいと思っております。
そして患者様が居心地の良い、来院すると気分が晴れる様な明るく、楽しく、そして落ち着きもある院づくりをスタッフ全員で目指しております。
今、継続で来院されている方はもちろん、これから初めて来られる方も些細な事でも構いませんので何でもお話し下さい。
問診や会話の中から大きな痛みになる原因が見つかる事もあります。

西梅田のオススメ実費メニュー

人体図

猫背矯正
デスクワークの方達に多く見られる猫背。
背中が丸くなる。視線が低い。
首が前に出ている。
巻き肩になっている。
など感じた事はありませんか?
普段の悪い姿勢によって、筋肉が硬くなり身体もゆがみ猫背になっていきます。
猫背の原因となるポイントをストレッチポールを使って伸ばしていき、肩関節や肩甲骨をしっかり動かして柔軟性を高めて、猫背の姿勢を矯正していきます。
特に「肩こり」「頭痛」には、この猫背矯正が有効です。

肩こり

肩こり

飯田鍼灸整骨院西梅田院は、肩こりでお悩みの患者様の「悩み」自体をなくす事が目標です。
悩みが消える、要するに「肩が凝らなくなる」身体に変化させるには、飯田鍼灸整骨院西梅田院の『猫背矯正』がおすすめです。
西梅田は背後に巨大なビジネス街を擁し、デスクワークによる「肩こり」が顕著に確認されています。
「肩こり」とは文字通り肩の筋肉が凝り固まったものをいいます。
それでは、なぜ「肩こり」が起こると思いますか?
先ずは肩こり発生のメカニズムから説明いたします。
正常な人の背骨は横から見た時にS字状になっています。
首は前にへこみ、肩甲骨の間の背中は盛り上がって、腰にかけてゆるやかにへこんでいきます。
立位では頭(耳)、肩、股関節、膝、足首が一直線となり、そこに重心線が通っています。
それがデスクワークなどで姿勢が悪くなると重心線がくずれ、S字がCの形に変わってしまい、重い頭を支えるために首と肩の筋肉が緊張状態となり固まってしまいます。
このように姿勢が悪くなると僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋が筋緊張を起こします。
僧帽筋は人の背中の最も表層にある筋肉で、僧帽筋という名称はカトリック教会の修道士のフードに見立てたことに由来していると言われています。
僧帽筋の起始は外後頭隆起から下に向かい、項靭帯、上項線、第7〜第12胸椎まで続き、鎖骨の外側1/3、肩峰、肩甲棘に停止します。
上方の筋繊維は肩甲骨を持ち上げ、中間付近の筋繊維は内側に肩甲骨を引っ張り、下方の筋繊維は肩甲骨を下に引き下げる役割があります。
肩甲挙筋は第1〜4頚椎の横突起より起始して、肩甲骨の上角と内側縁の上部1/3に停止しています。
主な働きは肩甲骨を引き上げることと、肩甲骨を下方回旋させることです。
具体的な動作としては肩をすくめる動きと腕を上げるときに作用しています。
よって腕を動かすたびに土台である肩甲挙筋や菱形筋などの肩甲骨周辺の筋肉が収縮し、肩甲骨を支える働きをしています。
肩甲挙筋は大きな強い筋肉ではなく、細く長い筋肉のため、大きな力を出したり、過剰な負荷に長時間さらされるとすぐに疲労してしまいます。
例えば一日中デスクワークをしていると、キーボードを叩いたり、マウスを動かすために腕を上げた状態を維持することとなり、肩甲挙筋に過剰な負荷がかかり筋緊張を引き起こします。
菱形筋は背中にあり広背筋や僧帽筋の深層に位置する小さな筋肉です。
肩甲骨の内側縁から起始し、小菱形筋は頚椎の棘突起に、大菱形筋は胸椎の棘突起に停止しています。
菱形筋の働きは肩甲骨を内転させる働きと下方回旋させる働きがあります。
菱形筋は肩甲骨の安定化に大きく影響しています。
肩甲骨は肩甲胸郭関節により肋骨の上で結合しています。
肩甲胸郭関節は他の関節と異なり、、骨と骨で連結されておらず、安定していません。
肩甲胸郭関節は可動性が大変高い関節で、がちがちに凝り固まってしまうと腕を自由に動かすことができなくなります。
菱形筋は立位で常に緊張しており、肩甲骨を正常な位置に保っています。
筋力が弱ったり機能不全に陥っていると、肩甲骨は外転位となり僧帽筋に余計な負荷がかかり「肩こり」の症状を引き起こします。
街中に「肩こり」を対象としたマッサージ店が乱立しています。
気軽に立ち寄り気持ちよいマッサージをしてもらうことと「肩こり」を解消する事とは全く別のものです。
一時的に気持ち良くしてくれるマッサージは「肩こり」の悪化を招く場合があります。
「肩こり」の原因を改善せず、もみほぐすだけの粗悪なマッサージは時として筋繊維を痛めてしまい、「肩こり」がさらに悪化してしまいます。
「肩こり」を治すには、単に凝りをほぐせば良いと考えがちですが、実際には猫背の姿勢が原因で「肩こり」になっている場合がほとんどです。
ですから飯田鍼灸整骨院西梅田院では『猫背矯正』を自信をもっておすすめしています。

頭痛

頭痛

頭痛で悩まれている方は、15歳以上で3人に1人はいると言われています。
薬を飲んでも頭痛が楽にならないとお悩みの方が多数いらっしゃいます。
あなたは次のような症状でお悩みではありませんか?

これらは頭痛の代表的な症状です。
1.ギューっと頭を締め付けられるような痛み。
2.パソコンなどデスクワークが多く、目が疲れやすい。
3.ダラダラとほぼ毎日頭痛が続いている。
4.後頭部から首筋にかけてズキズキと痛む。
5.肩が凝りやすい。

慢性的に起こる頭痛には大きく3つの種類があります。
「緊張性頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」の3種類です。

15歳以上で頭痛に悩まされている実に半数以上は「緊張性頭痛」と言われています。

肩こりに起因する頭痛がこの「緊張性頭痛」です。

緊張性頭痛が多発する原因は、現代社会でパソコン作業などで猫背の姿勢のまま長時間作業することが多くなり、首に過度な負担をかけることが多くなったからだと言われています。
人の頭の重さは約5kg程ですが、頭を前に傾けていく角度が増えるごとに頚椎への荷重も増えていきます。
耳と肩が一直線の場合は良い姿勢で5kgの荷重が首にかかります。
15度前に傾けた傾けた場合で12kg、30度で18kg、45度で22kg、60度で27kgの負荷が首にかかります。
それだけ首の筋肉も過剰な緊張を強いられることとなります。
首の筋肉には頭板状筋、頚板状筋、大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋があります。
頭板状筋は第4頚椎〜第3胸椎の棘突起から起始し、側頭骨の乳様突起と後頭骨の上項線の外側部に停止します。
頚板状筋は第3胸椎〜第6胸椎の棘突起から起始し、第1頚椎〜第3頚椎の横突起に停止します。
大後頭直筋は第2頚椎の棘突起から起始し、下項線の中央部に停止します。
小後頭直筋は第1頚椎の後結節から起始し、下項線の内側1/3に停止します。
上頭斜筋は第1頚椎の横突起から起始し、大後頭直筋の停止部上部に停止します。
下頭斜筋は第2頚椎の棘突起から起始し、第1頚椎の横突起に停止します。
『猫背矯正』で姿勢を正し、首や肩の凝りを軽減させることが「緊張性頭痛」を解消するための近道となります。

次はズキンズキンと脈打つような症状の「偏頭痛」です。
偏頭痛の特徴は4つ挙げることができます。
1.ドクドクと脈を打つように痛みが出る。
2.吐き気を伴うことが多い。
3.女性が多い。
4.マッサージや温めると悪化する。
緊張性頭痛との大きな違いは痛みの特徴です。
ギューっと締め付けられるような頭痛の「緊張性頭痛」に対して、ズキンズキンと脈を打つような痛みが起こります。

最後は男性に多い「群発性頭痛」です。
「偏頭痛」は女性に多く見られたのですが、「群発性頭痛」は20〜40代の男性に多く見られます。
特徴的な症状は3つ挙げることができます。
1.片方の目のするどい痛み。
2.一定期間に何回も痛みがでる。
3.痛くてじっとしていられない。
以上が「群発性頭痛」の特徴です。
つらい痛みで耐え難い痛みと言われています。

西梅田院アクセス・地図はこちらから

西梅田院スタッフ紹介はこちらから