交通事故治療に対する四つの不満その1 交通事故治療に対する四つの不満その2 交通事故治療に対する四つの不満その3

交通事故治に遭ったら

不幸にも交通事故に遭ってしまったら、加害者であれ被害者であれ慌てる事なく状況を理解し警察に連絡をしてください。
その際に事故状況が詳しく分かっていると今後の対応がスムーズになります。
そして後日警察に届出を出しましょう。
※自賠責保険、任意保険どちらにも必要な事故証明を受け取れます
(飯田鍼灸整骨院豊中店にご連絡いただければアドバイスをさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい)。
具体的に次の情報を控えておくとスムーズです。

  • 相手方の氏名
  • 相手方の住所と連絡先
  • 対象車両の登録ナンバー
  • 任意保険加入の有無
  • 自賠責証明書番号と保険会社名

保険手続き上、必要な情報は以上です。
しかしながら、何より大切なのは、ご自身のお体ですので事故直後に痛みが無くても後遺症が残る恐れも多々ありますので必ず医療機関でCTやMRIなどを用いた精密検査を受けるようにしてください。
医療機関での検査を受けた後は信頼のおける整骨院で痛みや後遺症を取り除く定期診療を受ける事をお勧めします。

交通事故後にする事

1.警察へ交通事故の連絡

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。
(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。
次へ

相手(加害者)の情報を収集

相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)
次へ

現場での目撃者の確保

万が一、相手方とトラブルになった際などに第三者の意見は効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、協力を得て、証言をメモしましょう。
氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。
次へ

現場の記録

事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。
データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。
次へ

精密検査を受ける

軽微な事故、事故直後に痛みが無くても、まずはCT、MRI等の精密検査を受けてください。
『診断書』を発行してもらい、所轄の警察署へ提出する事で、自賠責保険治療(自己負担金0円)が受けられるようになります。
次へ

病院にて医師の診断を受ける

交通事故の治療には医師の診断が必要です。
(当院での、診断の場合『交通事故の治療を希望』とお伝えください。)
次へ

保険会社へ整骨院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

交通事故治療とは

交通事故患者

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の症状を治療することを指します。
主に治療には自賠責保険が適用されます。飯田鍼灸整骨院豊中店では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方また、治療を受けているが思ったように良くならず困っている等のお悩みを解消すべく様々なご相談に応じております。

主な、交通事故が原因の症状

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。
そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。
交通事故治療にはほとんどのケースで自賠責保険により治療費が出るので、患者様が直接“治療費”や“診断費”を負担することはありません。

  • むち打ち症
  • 腰痛
  • 手足の障害
  • 痛み
  • だるさ
  • 吐き気
  • めまい
  • 全身の倦怠感

交通事故の慰謝料

電卓

慰謝料とは、交通事故の被害者になることに対する、心の負担や苦痛を精神的苦痛の損害ととらえ、それを金銭によって癒す賠償のことをいいます。
交通事故の治療で、自賠責保険や任意保険を利用して通院した場合には、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われるので、患者様の負担(治療費)はありません。
また、ひき逃げに遭われたり相手側が保険未加入の場合でも、特別な補償制度もございます。
事故の場合、患者様の健康保険は使用しませんが手続き申請後使用することも可能です。

交通事故の補償(慰謝料含む)の限度額と種類

障害による損害

被害者1名につき、1日4,200円、最大120万円
傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。

後遺障害による損害

被害者1名につき、最大4,000万円 (要常時介護 第1級)
後遺障害による損害は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。

死亡による損害

被害者1名につき、最大3,000万円
死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。

交通事故の補償の支払い基準

自賠責保険(共済)は、交通事故に遭われた方々に対し、政令で定められた一定の保険金(共済金)等の限度額の範囲内で支払うものです。
損害保険会社(組合)は、傷害、後遺障害、死亡のそれぞれの損害額の算出基準を定めた支払基準に従って支払わなければならないと決められています。
算定基準には、労働能力喪失率や、就労可能年数、平均余命年数や、年齢毎の平均給与額なども含まれます。

保険金が適用されないケース

いくら交通事故と言っても、100%被害者の責任で発生した事故(無責事故)については、相手車両の自賠責保険金(共済金)の支払対象になりません。
具体的には以下のようなケースが当てはまります。

被害車両が、センターラインをオーバーしたことによる事故の場合
被害車両が赤信号無視したことによる事故の場合
追突した側が被害車両の場合

交通事故治療の方法

救急車

交通事故のケガは日常では起こりえない外力によって受傷します。
特に頚部の「むち打ち」の場合は、事故で衝突したときの衝撃で頚が鞭のようにしなることによって引き起こされます。
激しく頚がしなることによって筋肉、靭帯、神経などが損傷を受けます。
レントゲン撮影しても骨は写りますが、軟部組織である筋肉、靭帯、神経の損傷度合いはわかりません。
このような事から損傷を見逃される場合があります。
外見からも見た目には変化が少ないため気づかないケースが多いと言えます。
また自覚症状が不明瞭なこともケガを見落としてしまう原因となります。
「むち打ち」の場合「頚が痛い」と訴える人は意外と少なく、「だるい、しんどい、体が重い、頭痛がする」と訴える人が多く見受けられます。
このような場合は「むち打ち」の可能性が高いので、症状がきついときは、頚をアイシングして早急に炎症を抑えることが必要となります。
炎症が残ったまま日常生活を送り、頚に負担がかかると症状は益々悪化し、将来的に後遺症が残ってしまう確率が上がります。
そうならない為にも受傷直後の急性期には、しっかりアイシングをして早期に炎症を抑える必要があります。
一般的には急性期は48時間と言われていますが、ひどいむち打ちの場合はさらに長期にわたり炎症反応が継続する場合があります。
症状を見極めてアイシングを継続するかどうか判断する必要があります。
外出時などは冷湿布で代用できますが、炎症を抑えるまで患部を冷やすには氷嚢やアイスノンなどを使用する方が効果的です。
ただし冷たすぎて皮膚を凍傷しないように注意する必要があります。

交通事故治療とテーピングの効能

交通事故のケガは損傷度合いがひどい場合が多く、交通事故治療の初期対応として患部を安静にすることが必要です。ただし、日常生活を送る場合には完全な安静は不可能です。
そのためにも各種テーピングなどで固定し、患部を安静にすることが必要です。
実際の交通事故の患者さんにも、初期に安静にしなかったために症状が悪化する場合が見受けられます。
このように症状が悪化してしまうと、将来的に後遺症が残ってしまう恐れがあります。
見た目に異常がなくても、またレントゲンで異常がなくても軟部組織が損傷している可能性があるので、急性期には病態を確実に見極めテーピングをはじめとするRICE処置を施す必要があります。
一般的にテーピングの効果は以下の3つがあると言われています。

可動範囲を制限

脱臼や捻挫など関節可動域を超えるようなケガをしてしまった場合は、可動域を制限して症状の悪化を防ぐ必要があります。
特に急性期には固定することで患部を安静に保つことは交通事故治療の最も重要な事と言えます。

負傷部分を補強

ケガをして傷めてしまった筋肉や靭帯、腱などをテーピングで補い、負担を少なくします。そのまま放置していると傷ついた組織をさらに傷めてしまう可能性があります。
そうなると痛みが無くならずに、後遺症が残ってしまう可能性がでてくるので、さらに症状を悪化させないように負傷部分をテーピングで補強することが重要です。

精神的に安心

ケガをした状態のままでは、動くと痛いのではないかと思ってしまい、患部をかばった動きになってしまいます。
そうすることで、他のところまでバランスが崩れ傷めてしまう可能性があります。
テーピングをすることで不安がなくなり、正常な動きを取り戻せます。

交通事故治療とテーピングの種類

ホワイトテーピング(非伸縮性テープ)

痛みが強く症状がきつい場合、しっかりした固定を目的に使用します。
足首などの関節部分に使用することで関節の動きを制限し、症状悪化を防ぎ早期回復に導きます。
ただし、肩や膝などの関節は可動域が大きいため、ホワイトテーピングでは過度な固定となってしまいます。
また皮膚に直接貼るとかぶれてしまうので、アンダーラップを使用しかぶれを防止します。

伸縮性テーピング

肩や膝などの可動域が大きい関節には布地の厚い伸縮性のあるテーピングを使用します。
ある程度の可動性は持たせながらも、しっかり固定できところが特徴です。

キネシオテーピング

ホワイトテーピングや伸縮性テーピングとは異なり、関節の固定を目的にしたテーピングではありません。
筋肉に沿って貼ることで筋肉を補助する働きがあります。
頚部や背部、腰部などに用います。
またもう一つ大きな特徴として皮膚と筋肉の間に隙間を作り血液とリンパ液の流れを改善する効果もあります。
皮膚を伸ばした状態でテーピングを貼り、普通の状態に戻した時にテープにしわができますが、テープに持ち上げられた皮膚の下に空間が確保され、血液とリンパ液の流れが改善されるので、症状回復の手助けとなると言われています。

交通事故治療の手技療法

交通事故治療の手技療法には様々なものがあります。患者さまの症状、その時の状態などを考慮して最も適した方法で筋、腱、靭帯など痛んでいる患部をほぐしていきます。

軽擦法

術者の手掌や指を使って患者さまの身体に密着させ、一定した圧力で末梢から中枢に向かってなでたりさすったりする方法です。
弱い刺激を与える場合に用います。
例えば、受傷直後で痛みがきつい場合や筋肉の張りがきつい場合には、この軽擦法で刺激の強さを加減しながら患部にアプローチしていきます。
症状がきつい状態では患者さまの身体は感受性が強いために、弱い刺激でも十分身体に変化を与えることが可能となります。

揉捏法

母指、2~5指、手掌、手根を用いて適度の圧を加え、輪状または線状に動かしながら揉む方法です。
亜急性期または慢性期になると筋、腱、靭帯は硬くなり正常な弾力が無くなってきます。
そのまま放置しておくと、可動域が減少し正常な動きができなくなり、無理に動かそうとすると固まった筋、腱、靭帯をさらに傷めてしまう可能性があります。
そのようにならないためにも、揉捏法で正常な弾力になるように揉みほぐす必要があります。

圧迫法

母指、手掌、手根を用いて皮膚面に垂直に圧を加えながら、ゆっくり押してゆっくり離す方法です。
慢性期に入り筋、腱、靭帯の硬さや張り感が取れないときに圧迫法で強めの刺激を入れて、筋、腱、靭帯の弾力を取り戻さなければなりません。

強擦法

母指などを用い患部を強めの圧力をかけた状態で2点間を交互に移動させる方法です。
深部の筋、腱、靭帯組織などを対象に行いますが揉み返し等おこしやすいので注意が必要です。
慢性期の特に症状が改善しにくい状況の時は、強擦法で筋、腱、靭帯の瘢痕や癒着を改善していきます。